30代に突入してからの筋トレとの向き合い方

30代に突入し、結婚、子どもの誕生と一通りのライフイベントを適齢期に経験し、世間一般から見れば幸せそのものだと思います。

しかし、若かった頃や独身時代に比べ、失ったことがどうしても悔やまれることがありました。

それは私自身の筋力です。効果あり?鍛神HMBの最安値通販と購入して飲んだ口コミ&評価!

幸せ太りとまではいきませんが、元々、学生時代はラガーマンとして筋骨隆々だった私の身体は、なんとも幸せに緩んだ納得のいかない身体になってしまっていました。

そんな鏡を見るたびに落胆する日々を過ごしていた私に刺した光が「24時間ジム」でした。

オフィス街や郊外でも見ることが多くなった24時間営業のトレーニングジム。

働き方改革が叫ばれて久しい昨今、24時間とは何事か!という世間の声が聞こえてきそうなところですが、日中を除き、運営側の社員の方はいません。

いざという時のSOS対策は勿論されていますが、基本的には自律的にトレーニングをすることができる人向けであることから、運営側の社員の方がいない形態で営業されています。

今の私は、早朝にトレーニングをする習慣が身につきました。

仕事においても、朝一の会議や顧客訪問でも頭が冴えている感覚があり、身体も戻りつつあります。

働き方改革の救世主として、自律した筋トレ愛好者を増やすことは日本を救うかもしれません。