炭酸水ダイエットについて

炭酸水ダイエットとは、その名のとおり炭酸水を飲むダイエットのことです。

炭酸ガスで胃が膨張することにより、食事の量が少なくても満腹感が得られやすくなります。

炭酸水を飲むタイミングは、食事の5~10分前がベストです。グラマラスパッツの効果と口コミ評価!痩せるか痩せないか購入して検証!

しかし、炭酸水ダイエットをしたのによけい太ってしまったというケースもままあります。

それはなぜかというと、市販の炭酸水を飲んでいるからです。

市販の炭酸水には、飲みやすくするために糖分が多く配合されています。

その糖分の中のブドウ糖により血糖値が大きく上がると、肝臓で脂肪の合成が促進されます。

そして、その脂肪細胞の中に、脂肪を溜める働きがあるインスリンが分泌されることになります。

ですから、甘味の付いた炭酸水は飲んではいけません。

甘くない炭酸水を作るには、重曹を水に溶かすという方法もあります。

水200mlに、小さじ半分というのが一般的な量です。

炭酸ガスは、胃と腸から取り入れられて血液の中に入りますが、二酸化炭素と同様に早めに排出しなければなりません。

そのため、血管が拡張され、血液の循環もよくなります。

温かい血液が迅速に体内を循環するようになるので、体が温まりやすくなるという利点もあります。