40代からの食生活を紹介します。

40代になって、代謝が落ちがちになってくるので特に気をつける必要が有ります。暑い夏になっても、アイスクリームやコールドドリンクは避ける方が良いと思います。食べる食事も、寒い地域でとれたもの、寒い地域が原産のもの、冬が旬のもの、野菜、魚、お肉に共通した特徴になっています。食物繊維の豊富な野菜を食べていると、満腹感を得やすくなります。食べすぎ防止に繋がります。

ゼロキャロを使用した効果と口コミ

この時期は、食事の質と量が30歳前後のころと大きく変わらないにもかかわらず、加齢によって基礎代謝力が落ちることから、摂取エネルギーと消費エネルギーとのバランスが大きく崩れてしまいます。

取り込んだエネルギーを体内で十分に消費しきることができなくなることから、余分な摂取エネルギーは皮下脂肪として、主に下半身に蓄えられてしまいます。同時にこの時期には、女性ホルモンの分泌量も減少しはじめることから、皮下脂肪が別の貯蔵場所を求めて、小腸をつなぐ腸間膜や大網に体脂肪をつけるようになります。

同時にこの時期には、女性ホルモンの分泌量も減少し始めます。皮下脂肪が別の貯蔵場所を求めていきます。小腸をつなぐ腸間膜、大腸に体脂肪をつけるようになります。体脂肪のつく場所がどこに移動するのでしょうか。そうです。お尻から、お腹に移ってしまいます。

結果、内蔵脂肪に成長することになります。女性ホルモンは、内蔵脂肪をつけにくくする働きが有ります。女性ホルモンの減少に伴って、体脂肪はお腹に溜まってしまうので、基礎代謝力の低下の同時進行が始まります。

【ルール1】揚げ物・焼き物には酢やレモンをちょい足し!【ルール2】メインにはカルノシン豊富な鶏むね肉を【ルール3】サプリやキノコでビタミンB群をとる【ルール4】αリポ酸を含む緑黄色野菜をしっかりとる【ルール5】果物はジュースではなく「少量を丸ごと」が鉄則! 【ルール6】炭水化物にはオリーブオイルをプラス【ルール7】お酒は、抗糖化・抗酸化作用があるワインを、以上のように糖化を抑える食事を意識することによって太りにくい生活にしていきましょう。

という文章を作成した私も40代から体重が増えて困っています。毎日ウォーキング、ストレッチをしているのに、減らないけど、一つ良かったのは筋肉量が増えたことです。ということは、けして間違ってないということが数値として証明できたので、上記を参考にして更にチャレンジします。