動けるからといって筋肉があるとは限らない。

学生時代ずっと運動部だった私は、筋肉の貯蓄というものがありました。
20代のうちは食べてもさして太るわけでもなく、毎年の健康診断でも体重は1kg前後するかしないか。
しかし現在30代後半、毎週定期的に運動をしているとはいえ、アラフォーを迎えた身体を鏡でふと見ます。
「お腹、すごく・・ぽっこりしてます・・・・!?」
いやいやこれはいかん。今後老いていく身体からは筋肉がなくなっていくだけだというのに
こんなに脂肪のある身体が育てば、将来的に寝たきりになるとは言い切れない!

http://stalkerhost.net/

そこで少しでも筋肉を増やせるよう、ダイエットを兼ねて筋トレを行うことにしました。
食べる量を制限するのもいいですが、それよりも筋肉を増やして脂肪を落とす方が
目に見えて「引き締まった」という感覚がもてるので、やる気が持続しやすいのです。

私が始めたのは、最近主流になり始めた「プランク」です。
しかもそこに下半身をねじることを加えた「ねじりプランク」。
これを1か月実行を目標にすることにしました。
これなら腹筋が苦手でも鍛えられるし、体幹や背中・腰の筋肉も鍛えることができます。
続ければ基礎代謝を上げることができるので、脂肪が燃えやすい身体を取り戻せる。
自分の気にする「お腹周り痩せ」にはぴったりです。
お尻が上がりすぎず・下がりすぎず、正しいポーズを1セット30秒、1日2セット行いました。
最初の内はお尻が上がりすぎて、鏡を見ながら正しい位置にするのも大汗をかいていました。

2週間後には少しお腹がへっこみ、立っているときも猫背にならず真っすぐ立てるようになりました。
そして1か月後、おへその下がちゃんと見えるようになり、腰にはくびれができました。
体重は2kg落ちと少なく感じるかもしれませんが、鏡で見たら筋肉の筋ができているのが見えた!
「引き締まった」が目に見えて嬉しくなった私は、2か月経った現在も続けています。
これからも続けて、この筋肉の筋を保ち、太らないよう基礎代謝量を上げていきたいです。