肌が汚いせいで自分に自信が持てない

私は小さな頃からニキビに悩まされてきました。見た目も悪いですし、悪化してしまったものは少しでも何かが触れるととても痛いのです。中学生になり、ニキビはもっともっと酷くなる一方でした。

皮膚科で診てもらいたいと親に相談しましたが、相手が父親だったため気持ちを理解されず、ニキビごときで病院に行くなと言われてしまいました。
本音口コミ!ビューティークレンジングバームの効果や使い方を徹底レビュー!

なので、自分でどうにかするしかないと、1日に何度も洗顔をして肌の清潔さを意識してみたり、あぶらとり紙で頻繁に鼻のあぶらを取ってみたり。それから食事も野菜を多く摂るように意識しましたし、なるべくお菓子は控えて、たくさん寝るようにしました。それなのに、ニキビは全然良くなりません。むしろ増える一方で、とくに酷かったおでこにあるニキビたちは長く伸ばした前髪で隠すようにしていました。

高校生になってもニキビは良くならず、イライラして自分の手でニキビを潰してしまうこともあり、そのせいでニキビ跡もたくさん残ってしまいました。大人になった今でもニキビはありますが、思春期の頃よりはニキビ自体は減りました。でも、ニキビ跡だけはどうにもできません。ニキビ跡は一度できてしまったらなかなか綺麗な肌に戻すのは私の経験上難しい、というよりは無理だと思います。

肌があまりにも汚いと化粧をする気にもなりませんし、いくらコンシーラーやファンデーションで隠そうと厚塗りをしても隠しきれません。芸能人のような真っ白な、すべすべとした肌を見ると、いつも涙が出そうになります。少々高くてもいいから、ニキビやニキビ跡を消せるレーザー治療や薬があればいいのになと毎日思ってしまいます。