液垂れを防いだおかげで最適な育毛剤の容量を把握

薄毛化が進み髪の密度が減ってくると、意外と悩むのが育毛剤の液垂れです。ニューモ育毛剤

髪が育毛剤を上手く保持してくれず、余った育毛剤の液がおでこからツツーッと鼻先や目、頬へと垂れてくる瞬間が堪らなく不快なのです。

頭皮には良くとも所詮は刺激の強い育毛成分ですから、これが目に入ったりすると大変。目がしばらく開けられなくなる程に沁みてしまい、1日のやる気もダダ下がりしてしまいます。

こんな状況が度々起こりすっかり嫌になってしまった私は、最近はジェット噴射タイプやジェルタイプ等、液垂れし難いタイプの育毛剤を徹底して吟味する様になりました。

最近はメーカー側もその弱点を良く把握している様で、液垂れし難い育毛剤を積極的にリリースしてくれる様になったのは嬉しい傾向です。ただ必ずしも自分の状況にベストな成分の育毛剤がそのタイプとは限らず、ブランドがかなり限定されてしまうのは悩ましいところ。値段が高いブランドに手を出さざるを得ないケースでは、1日の使用料を意図的に制限する等、何とか工夫して使っています。

ですがメーカーの指定した容量を守ると返って頭皮への刺激が強過ぎ、頭皮荒れやフケ等の症状が発生するケースが増える事を理解出来たのは幸いでした。